Interview

本気塾で「伝わる英語」を身に付けられた

名前
神林 宏
業種
コンサル業

そもそも英会話学習に取り組もうと思ったきっかけはなんですか?

英語の勉強をちゃんと始めたのは、英会話学校に通い始めた20代中盤のことです。それまでも受験英語はやっていましたが、スピーキングが必要になったことはありませんでした。仕事を始めてから自分のまわりで留学の話をよく聞くようになって、「いつか僕も行きたいな」と思い始め、いつでも行けるよう準備しておくために英会話学校に通い始めたんです。

英会話学校での勉強は、学生時代の勉強と同じく難易度の低いものから順番にクリアしていく形でした。しかし実際の会話では、易しいと言われているものも難しいと言われているものも同時に出てくるんですよね。なので、順番に学んでいく勉強法では実践で使える知識が蓄積できていなかったし、実際に使う機会もなかったために、英語力が思うようにアップせずに苦しみました

英会話学習経験があった中で、苦労された点はなんですか?

神林さん受講者インタビュー写真自分の伝えたいことが、相手に上手く伝えられなかったんです。日本語のロジックのまま説明していたので、外国人には理解できなかったんだと思います。「いろは」を「ABC」に置き換えただけのような英語を話していましたから。また、日本の組織の仕組みやビジネス習慣と、外国の組織の仕組みやビジネス習慣は全然違うので、日本のロジックやルールはそのまま適用できないんですね。ビジネスで使える英語を、ちゃんと学ぶ必要があると思いました。

本気塾ハンズオンコースを選んだ理由はなんですか?

知り合いの紹介でレアジョブ英会話を受講していました。その知り合いの方自身がレアジョブ英会話で効果を実感されていたのでとりあえずやってみようと思いました。忙しい中、レッスンはもちろん予習・復習、レッスン以外の英語学習をこなすうちに実力がついてきた実感がありました。

しかし、1年半ぐらい自己流でレッスンを続けてきたところで自分の成長が頭打ちになったように感じました。学習方法がまったく同じであるため、レッスンがマンネリ化したことが原因だと思います。マンネリを打破するために何か新しい仕組みを取り入れてモチベーションを上げたいと考えていたところ、『本気塾ハンズオンコース』を知って受講を決めました。

本気塾ハンズオンコースのプログラムの良かった点はなんですか?

神林さん受講者インタビュー写真

よかった点は、レアジョブのオンライン英会話の効果的な受け方やトレーナーとのマンツーマンセッションを通じて、ビジネス英会話スキルをアップするための細かな方法など、詳しく教えてもらえたことです。それまではレアジョブ英会話を自己流で受講していたため、マンネリ化になっていました。本気塾ハンズオンコースでは英語学習のより効率的な受け方をご指導いただくことができたので、マンネリを打破して英語力アップをすることができました。

教えてもらったことの中で最も印象深いものが、「英語的なものの考え方」です。英語的なものの考え方とは、最初に結論を述べ、その次は抽象度が高い理由から低いものに下げていって、事実を述べて、最終的に自分の考えと結論を結びつけるといったものです。しかし、それまでの私は、日本人的なロジックで「最後まで良いことなのか悪いことなのか分からない」という話し方をしていました。そのため、外国人の上司に報告をするときにあまり理解をしてもらえず、非常に困惑した経験があります。ビジネスにおいてそのような英語的なロジックの話し方は非常に重要です。話している内容がどれだけ素晴しくても、英語的なロジックで物事を話さなければ、コチラの意見などは聞き入れてもらえません。そのような英語的なロジックの話し方はトレーニングをしないと身に付かないので、その部分を教えてもらえたのは本当に良かったです。

本気塾ハンズオンコースの中でつらかった点はありますか?

短期集中で英会話学習をしたので、正直なところ、終わった時には疲れがありました。でも「こうやれば、こういう階段を登れます」と示してもらえて、やるべきことがクリアになっているからこその健康的な疲れだったように感じます。その証拠にハンズオンが終わった後も、レアジョブ英会話を1日2回レッスンを受講し続けられています。

1日2回レッスンを受けると、1回目の失敗を2回目のレッスンで活かすことができます。レッスンの時間をどう使うかというところはハンズオンで教えてもらったので、引き続きレッスンを有効に使っていきたいと思います。

本気塾ハンズオンコースの受講を終えられて感じたことはありますか?

英会話が軽くできるという程度では、ビジネスでは役に立ちませんでした。ビジネスの場面では状況に応じて、相手が求めていることに応えられる英語を話すことが大事だと気づきました。本気塾ハンズオンコースのレッスンでは、他の英会話教室では学べないような”刺さる”英語を教えてもらいました。刺さる言葉は場面によって違って、相手の求めていることに対して英語のロジックを踏まえて答えることが、ビジネスにおいては必要なことだと思います。

ビジネス英会話を学べるところは多くありますが、必要な言葉はそれぞれのビジネスや環境、境遇によって全く違います。それぞれのビジネスシーンにおいて”刺さる”英語を習得するために、自分に合った英会話学習が必要だと感じました。

自己流で学習をして 頭打ちになっている方は 是非とも本気塾ハンズオンコースを 受講してみてください!
神林 宏
一覧ページへ戻る