Interview

インタビュー: 吉田由里香さん

INTERVIEW

体験談

夢をかなえるために本気に。

名前
吉田由里香
業種
製造業

s_SMY_2071

そもそも英語を勉強しようと思ったきっかけは?

もともと、フィンランドの学校にインターンシップに行きたいと考えていました。
そのために英語が必要なんです。
現地では英語で日本語を教える必要があるので、勉強をしようと思っていました。

本気塾を選んだ理由なんですか?

目標のために、何回か自分で英語を勉強しようと思ったりしていたが、なかなか続かず、
これじゃまずいと思っていたのですが、どこか本気になれない自分がいました。
その中、たまたまレアジョブの案内が来て、これしかない!と思って申込しました。

今まで通学型のスクールにも通ったり、独学で学んだりしていましたが、なかなか上達せず、自分1人だと、効果的な学習なのかどうかもわからないので、学習方法を知りたかったのもあります。
あと、心のどこかでいつかやらなきゃだめだと思っていた自分はいましたが、
スイッチを入れてくれる何かがほしかったのだと思います。

6_3

入った後の生活に変化はありましたか?

朝が特に変わりました。はじめは時間の取り方がわかっていなくて、仕事が終わってから
レッスンをして、睡眠時間を削っていたが、これでは続かなかったです。
進めていく中で無理のない範囲で学習時間を確保するにはどうすればよいか考えるようになって、
朝からできるようになりたいと思うようになりました。
本気塾のノルマをこなすためには夜だけだと厳しいので、朝にレッスンを入れることで
朝方の習慣になりました。

吉田前吉田後

本気塾の中で特によかったところはなんですか?

何か一つだけではなく、様々な種類のタスクがあったところです。
たとえば、スピーキングだけ、リスニングだけではなく、フレーズ暗記やライティングなども
あったおかげで、総合的に英語力をつけることができたと思います。

6_4

クラスでの学習というのはいかがですか?

クラス学習はすごくいい刺激になったと思います。
クラスメイトがいたというのは大きなモチベーションになりました。
最高のライバルであり、最高のアドバイザーという感じですね。

何度も、サボりたいなとか今日は寝たいなと思うことはありましたが、
クラスメイトのレッスン受講回数などを見ていると、みんな社会人で時間がない中やっていて
自分もサボれないなと思うようになりました。

1人でやっていたら、壁にぶつかってやめていたかもしれませんが、乗り越えることができました。

クラスの中でワークショップはどうでしたか?

楽しかったです!英語を勉強していても、人前で勉強した英語を話すことが少ないじゃないですか。
その機会をたくさんいただいて、度胸と自信をつけることができたと思います。

6_5

つらかったところはありますか?

時間をどう作るかが一番つらかったです。
今までボーっとしていた時間などを勉強時間にあてていました。
最初は宿題をこなすのに必死で、やらざる負えない状況でしたが、徐々に時間は作れるものだと学ぶようになっていきました。
その気になれば時間は作れるということがわかって、いまでも習慣になり勉強を続けることができています。

今後の夢を教えてください

当初からの目標である、フィンランドの学校に行き、夢をかなえたいと思います。
フィンランドの教育は社会のニーズにあった教育をしていると思うので、フィンランドの教育システムを学んで、
日本の教育をよりよくしていきたいと思っています!
この3ヶ月間やってよかったなと思いましたし、かなり夢に近づけたのではないかと思っています。

吉田由里香
一歩踏み出せば、壁は越えられる!
吉田由里香
Next Interview